リリース|“生きる力”を育む習い事!城南進研監修のオンライン学習教材『デキタス』を キッズ全会員へ提供開始

リリース|“生きる力”を育む習い事!城南進研監修のオンライン学習教材『デキタス』を キッズ全会員へ提供開始

関東・関西・広島エリア27店舗にてキッズスイミング・運動スクールなどを展開する株式会社東急スポーツオアシス(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:粟辻稔泰、以下 オアシス)は、株式会社城南進学研究社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役CEO:下村勝己、以下 城南進研)と連携し、オアシスキッズスクールに通うすべてのお子さまへ、城南進研監修のオンライン学習教材『デキタス』を2021年5月1日(土)より、提供開始します。

■教育の未来を支援するオンライン学習教材『デキタス』
『デキタス』は、城南進研の約60年にわたる教育実績を詰め込んだオンライン学習教材で、お手持ちのパソコンやタブレットで使用ができます。2019年度・2020年度と、経済産業省の実施する学びと社会の連携促進事業(「未来の教室」(学びの場)創出事業)にも参画しており、生徒一人ひとりの個別学習計画に基づいた到達度主義授業を実現し、課題の設定と一定の成果を上げています。
実証事例名:「デキタス」を利用した将来的に公認可能な「学校外教育サービス(オルタナティブ教育)」の実証

授業動画は1本につき2分~5分。ユニークなキャラクターが登場し、各単元の課題・目標について、楽しく、わかりやすく解説します。授業動画を見た後は、○×チェックで授業内容をすぐに確認。全問○×形式なので、気軽に解答できます。また、楽しく継続するために、学習を進めるとポイントが貯まり、アバターと交換できる仕組みなどもあります。

■全キッズ会員への『デキタス』提供の背景
オアシスキッズクラブは約30年以上に渡り、“「好き」をココロに、「好き」をチカラに”というスローガンで運動スクールを展開してきました。一方『デキタス』は「学びに“ワクワク”を」をキーコンセプトにし、オンライン学習教材を提供しています。両社には、子どもたちの「楽しい」を大切にするという共通点があり、それらの理念を掛け合わせて子どもたちの将来を応援していきます。

■運動後30分~3時間は「超集中状態」に入りやすい
近年、子どもの運動と学力との関係性について取り上げる本や研究論文も増えており、運動と学習の習慣は幼少期の定着化が望ましいことがうかがえます。運動後には集中力が高まるとも言われており、レッスン後に『デキタス』を活用することで、効率のよい学習を行うことができます。

■少子化による子どもの人口減少とキッズクラブの今後
少子化による子どもの人口減少に伴い、弊社キッズクラブの中心であるスイミング市場は2021年以降毎年約4万人の減少が見込まれています。人口減少に伴い、子ども向け事業の対象人口は減少するため、今後の事業存続のためには同業種との差別化・ターゲット顧客の拡大が必須であると分析できます。スイミングスクール市場と捉えず、教育産業市場規模へと拡大する考え方で、体力の向上だけを目指すキッズクラブではなく、学力・非認知能力向上にも焦点をあてたサービス変革により、対象顧客をスイミング・運動スクール検討層だけでなく、学習塾を検討されている方や総合的な「生きる力」を育むことに重点を置く保護者の方に広げていきます。

■“運動をするための習い事”を越えて、“子どもの将来を応援するキッズクラブ”に
オアシスキッズスクールは“「好き」をココロに、「好き」をチカラに“というスローガンを掲げ、スイミング・ダンス・チア・バレエ・体操・空手・運動神経向上・サッカーといったスクールを関東・関西・広島の計27店舗で展開しています。
一般的には、体力向上を目的としたスクールが多い中で、運動による体力向上だけでなく、学力・非認知能力の向上という3つの柱で、新学習指導要領にもある“生きる力”を育み、“子どもの将来を応援するキッズクラブ”として、地域のお子様と保護者の方をサポートしていきます。

■会社概要
商号:株式会社東急スポーツオアシス
代表者:代表取締役社長 粟辻 稔泰
本社所在地:東京都渋谷区道玄坂1-10-8 渋谷道玄坂東急ビル
主な事業内容:会員制総合フィットネスクラブの経営・企画・運営、ホームフィットネス商品開発、スマホApp開発・運営
URL:https://www.sportsoasis.co.jp/

コメントはこちらから

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

FUTURE特 集